【速読術】の方法・練習法・トレーニング - その効果にせまる

【速読術】の方法・練習法・トレーニング - その効果にせまる

  • 文字サイズ 小
  • 文字サイズ 中
  • 文字サイズ 大

速読訓練におけるモチベーションの保ち方

速読術の上達は、何よりも「常に前向きに、気楽にトレーニングを重ねる」の一言に尽きます。

問題は、そのモチベーションをいかに保つかということです。

人間は機械ではありませんから、その時の気分や感情により、発揮出来るパフォーマンスが大きく左右されます。

まして、簡単には乗り越えられない壁に突き当たったりすると、「気にせず、先に進みましょう!」と言われても無責任に聞こえることでしょう。

ここで「そもそも、なぜ、あなたは速読術を学んでいるのか?」という本質的な問題を浮き彫りにしてみましょう。

そもそも、速読術とは、習得出来ればそれなりに便利なものですが、その一方で、もし、学ばなかったとしても日常生活における不自由はそうありません。

英語や英会話能力でも同じですが、学校の宿題や単位の修得、会社での昇進や海外赴任の準備などといった、切羽詰った必要性に迫られない限り、人間は不要不急の目標に対する努力は、そう簡単に行なえるものではないのです。

ある意味で、努力や習得は、強迫観念に追い立てられた結果といえるでしょう。

こうした脅迫観念に追い立てられた状況下での努力は、不要不急の事象へのモチベーションを維持する苦労に比べると、遥かに効果的といえるでしょう。

逆に、脅迫観念なしにモチベーションを維持することは、非常に難しいこととも言えます。

では、どうすれば、不要不急の事象に対する努力や自己を研鑚するモチベーションを保つことが出来るのでしょうか?

まず、対象は速読術のように不要不急の技能ですから、“すべてにおいてフリーであるべき”なのです。

“何歳になっても自分の成長や能力の向上を実感できるのは、人生の最大の喜び”というこのポジティブな思考法こそが、モチベーションを維持する秘訣なのです。

【スポンサードリンク】

1年目の第二新卒の転職を成功させるには
新卒入社してすぐ会社をやめたいアナタのための問題解決サイト!