【速読術】の方法・練習法・トレーニング - その効果にせまる

【速読術】の方法・練習法・トレーニング - その効果にせまる

  • 文字サイズ 小
  • 文字サイズ 中
  • 文字サイズ 大

速読に才能は必要か?

世の中には、生まれつき、本が早く読めるという人は、いません。

また、日頃から本が好きで読書習慣がある人と、ほとんど本を読まない人とは、読書する速度が違っても当然です。

同じように、英文を読みなれている人と、あまり目にすることのない人とは、英字新聞を見た時の瞬間的な読解力に差が生じてしまうのは、致し方ないでしょう。

逆に考えてみれば、目で文字を追う速度には、さほど個体差は存在しないわけですから、速読術を学んでいない状態では、どんな人でも、ほとんど速読力の差が無いのです。

それゆえ、速読術に関する、苦手意識やコンプレックスを持つ必要は全くありません。

むしろ、まったく白紙の状態から、意欲的な向上心やチャレンジ精神を持って、速読術の習得に取り組んでもらえる方が、より習得するスピードが速まるのです。

今では多くの流派が速読術の教室を開講し、多くの受講生を集めている現状がありますが、
これらの速読術をおおまかに分類すると、以下の5つのタイプに分けられます。

(1)「右脳や左脳の活用」を根拠とする速読術

(2).欧米式の情報処理の手法を活用する速読術

(3)眼球の動きを訓練し、文字情報の処理や反応速度の向上を目指す速読術

(4)漢字やカタカナなどのキーワードを高速に拾い読むことを主眼とする速読術

(5)視覚トレーニングにより、ひたすら読書のタイムトライアルを行なう速読術

それぞれの速読術には、それなりの根拠があり、速読が可能となる原理やトレーニングの
成果が掲げられているわけですが、客観的に全体を眺めれば、それぞれの教室の看板こそ違え、そこで教えていることの本質は、ほとんど同じです。

同じであれば、あとは練習方法や努力次第で、速読力は通常の人に比べ、面白いように差がついてくることでしょう。

そうした努力の結果、普通の人には、“天才的”だと映る速読力が身につくのです。

ただし、努力自体は決して楽なものではありませんので、取り組む以上は、途中で投げ出さないという覚悟は必要です。