【速読術】の方法・練習法・トレーニング - その効果にせまる

【速読術】の方法・練習法・トレーニング - その効果にせまる

  • 文字サイズ 小
  • 文字サイズ 中
  • 文字サイズ 大

速読と心の自由

速読における発想や思考法の在り方について解説します。

キーワードは、「心の自由度」です。

まず、“速読である以上、短時間で早く読まなければならない!”という強迫観念を心から払拭します。速読は「結果」であって、「目的」ではないからです。

次に、“一度の読書で理解し、記憶しなければならない!”という使命感からも自由になります。本は、何度読んでもいいのです。

例えば、読書のテクニックとして、「三段読書法」を読書スタイルに取り入れてはいかがでしょう?

これは、一度目にその本に書かれている概要を掴み、二度目に書かれていることの内容を理解し、三度目はポイントだけを記憶するという、初めから3回読むことを前提とした読書法です。

さらに、図書館の本や借り物などは別として、自分の本であれば、初読の時点で、
「ここが大切だ!」と思える部分を、ピンクの蛍光マーカーでライン引きするのは、いかがでしょう。

自分が読んでいるうちに重要と思われる箇所をマーキングすることにより、二度目の読書
は、必要な箇所だけに目を向けることが出来ますし、印象や記憶にも残ります。

人間の記憶容量には限界がありますから、万一忘れ去ってしまったとしても、その情報が改めて必要となった際にマーキングをした本を読み返せば、ポイントはすぐに把握出来できますし、記憶の呼び覚ましにも効果を挙げることが出来るのです。

最後に“記憶からの自由”を持つようにすべきです。

速読をしたからといって、必ずしもその本の内容を理解し記憶しておく必要はなく、一度の読書で頭に入ってこなければ、その程度の情報なのです。

もし、どうしても記憶する必要に迫られる内容であれば、記憶に定着するまで、何度でも読み返せばいいのです。