【速読術】の方法・練習法・トレーニング - その効果にせまる

【速読術】の方法・練習法・トレーニング - その効果にせまる

  • 文字サイズ 小
  • 文字サイズ 中
  • 文字サイズ 大

速読トレーニング方法・最新口コミ人気ランキング!

1位 川村明宏のジニアス速読術

・任天堂DSでお馴染み【川村明宏のジニアス速読術】が第一位!
・アメリカと日本で数々の特許を取得済みの人気の商材を限定公開!
・「本を数十倍の速度で読みたい!」「勉強や仕事の効率を上げたい!」と
 考えている方に本を数十倍の速度で読む秘訣を限定公開中!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆       >>詳細を見てみる

2位 速読の新常識!プチ速読DVDホームスタディコース

・文部科学省の「新教育システム開発プログラム」で採用された池江俊博氏の
 本物の速読トレーニング法が第二位!現在ランキング上昇中!
・脳を63分で激変させる専門家の手法!先着99名様に特別レポート贈呈中!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆        >>詳細を見てみる

3位 レバレッジ速読-プラチナ

・1日わずか5分のトレーニングで平均の10倍以上の読書スピードを手に入れた手法!
・司法試験など膨大な速読・記憶に最適!人生を賭けた試験を成功に導く!
・今だけメールセミナーやレバレッジ速読ミニなど10大特典配布中!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆        >>詳細を見てみる

速読術人気ランキング 速読トレーニング方法 人気ランキングの続きはコチラから Click!!>>>

速読術とはなにか?

そもそも速読術は、書物が登場して以来、洋の東西を問わず、人類共通の夢の一つでした。

図書館や学問所といった「知の集積地」において、書物に記された“先人の智恵”を効率的に短時間で読み取れる技能への欲求は、時代を経る毎に高まってきました。

ところが、興味深いことに、同じ「速読」という目的においても、文字文化の違いから、西洋と東洋とでは、速読術はまったく異なった進化の形態を経てきました。

西洋文明においては、近代的な合理性を追求する手段として、速読の研究が重ねられてきました。

西洋人の情報伝達手段は、“アルファベットを基本とする文字表記”である以上、いかに短時間で効率的な読書や書類のチェックを行なうか?ということがポイントとなります。

そうした明確な目的意識に基づいて、論理構成から文法まで、ロジック(理論)に着目した速読法が考案されてきた経緯があります。

その典型例が、速読術を語る上で、必ずと言っていいほど、引き合いに出されるアメリカのカーター元大統領のエピソードです。

ジョージア州のピーナッツ農場主だったジミーカーターが、1976年に第39代大統領になった時、一日で処理しなければならない膨大な書類の量に目を廻したそうです。

その自伝によれば、自宅の寝室にまで書類を持ち帰り、睡眠時間を削ってまで仕事をしなければいけない状況に置かれたそうです。

そうした状況をなんとか改善するために、ホワイトハウスに速読術の講師を招き、2度のレクチャーを受けることで、4倍の速読能力を身につけることが出来たとのことです。

つまり、西洋人にとっては、速読術とは“情報処理をするための道具”の一つだとみなすことができるわけです。

【速読術関連ニュース】